契約時に必要な費用

フランチャイズ契約時に最初に必要となる費用

フランチャイズは本部と契約を結ぶことで未経験からでも万全の状態でビジネスを始めることができるというシステムのため、契約の内容をしっかり理解しておくことが大事です。フランチャイズに加盟するには開業資金を用意しなければなりませんが、まず最初に本部の商標を使用する対価として支払う加盟金を用意する必要があります。加盟金はフランチャイズ本部や業種によっても扱いに差があり、加盟金の設定がないケースもあります。また近年では契約を交わす前に加盟金の一部を徴収する加盟申込金を求められるケースも増えてきています。加盟金の多くは返還されないものなので、返還の有無など少しでも疑問がある場合には契約を結ぶ前に本部に確認するなど十分に納得しておく必要があります。

内外装工事費や設備費の負担

フランチャイズに加盟するにはさまざまな費用が必要になりますが、その中でも注意しなければならない点の一つに店舗として営業できるようにする為にかかる内外装工事費・設備費があります。内外装工事費や設備費は本部が負担してくれる場合と加盟するオーナーが負担する場合があります。本部が負担してくれる場合は少ない資金で開業することができますが、土地や物件取得にかかる費用も全てオーナーが負担しなければならないケースもあるので注意が必要です。そのため契約前に内外装工事費・設備費を含めフランチャイズ本部があらかじめ用意した契約内容を受け容れることができるのかしっかり判断することも必要になってきます。このことからフランチャイズに加盟する上では、自分に合った契約形態の加入先であるかどうかを見極めることが非常に重要なポイントになります。

© Copyright Recruitment Franchise Opportunities. All Rights Reserved.