フランチャイズ契約時に必要な物は?

フランチャイズ契約時に持参する物

フランチャイズで事業を始める場合は、フランチャイズの加盟契約を結ぶ必要があります。契約には何か特別な物が必要なのかと考えるかもしれませんが、基本的には一般的な契約とほぼ変わりません。まずは1番大事なのが契約書です。契約書類自体は、フランチャイズの本部が作成してくれることがほとんどです。本部と加盟者に1部ずつで、計2部用意されます。

契約する際は、契約者の自署欄に住所や氏名を書くためのペンを持っておきましょう。シャープペンや、消しゴムで消えるタイプのペンは避けましょう。あとは契約書に押印するための印鑑が必要です。普段使っているようなタイプの印鑑で契約は結べますが、より契約の信頼性を高めたい場合は、実印を押印するとなお良いでしょう。

契約金は契約時に持って行くべき?

フランチャイズの加盟契約のために大事な物がもう1つあります。それは、契約する上で支払う加盟契約金です。加盟契約に必要なものとして、お金は持参すべきなのか疑問に思う人もいるでしょう。加盟契約金は安いところで数十万円、100万円以上の場合も珍しくはありません。いずれにしても大きな金額になるため、持ち運ぶのはあまり安全ではないでしょう。 加盟契約金は契約書を締結した後、すぐに本部の口座に振り込むパターンが一般的です。契約金の入金確認をもって、契約完了となります。ちなみに加盟契約金は、支払って契約が締結された後は、加盟契約を取り消したい場合でも返還されないことがほとんどです。契約を結ぶ際は、今一度契約内容などをよく確認し、納得の上で行いましょう。

© Copyright Recruitment Franchise Opportunities. All Rights Reserved.